NPO法人 秩父百年の森 Chichibu Century Forest
山吹沢の森づくり
トップページへ戻る主な活動のページへ戻る
中津川県有林 山吹沢
群馬県に県境を接する埼玉県のもっとも北西部あたる場所です。秩父市内から車で1時間30分もかかるところですが、荒川の源流の一つ中津川の水源林を形成している緑豊かな場所です。滝沢ダムの水源林でもあります。標高は900mから1300mですが、林道からすぐに植林する場所に行くことができますので、多くの皆様に参加していただきたいと考えています
2017年5月27日
20170527山吹
獣害防止ネットの補修と芽吹き観察
20170527山吹20170527山吹20170527山吹
20170527山吹20170527山吹20170527山吹
2016年10月29日
ymb229
ミズナラ60本の植樹と獣害防止ネットの補修
ymb230ymb231ymb232
ymb233ymb234ymb235
2016年04月15日
作業:ブナを中心に生育状況の確認およびツル切り等保育作業とブナの位置情報取得と樹高測定
東京大学から提供された秩父産のブナは、前回2009年4月の計測以降ほぼ100%の生存率で、樹高も高いもので8.5mあり順調に育っていました。
なんだかんだと関わり続けて15年、形になるものです。
2015年10月31日
2005年植樹ブナの前で記念撮影        
作業:成育観察・鹿柵修理・ミズナラドングリ植え付け(発芽試験)
参加者:13名
成育観察          鹿柵修理        ミズナラドングリ植え付け
2015年4月25日
作業:ミズナラ・トチなど60本を植樹
参加者:13名
2014年11月2日
作業:2月の大雪による雪崩や土石流による被害調査と今後のプランニング
参加者;17名
2013年11月9日
作業:植林とLエリアの土石流により倒壊したシカ柵の修理
参加者;22名でL・H エリアで実施
2013年6月30日
作業:下草刈り作業
参加者16名でL・H エリアの下草刈りを実施
Lエリアでは土石流によりシカ柵が倒壊し、多数の鹿入り込み、植栽苗や下草を食べつくされていました。

      倒壊した鹿柵         苗や下草を食べつくされる     鹿柵に守られたエリアとの差は歴然
2013年 4月 25日
21日降雪による中止による代替実施
作業者:3名
植栽本数:イヌブナ(8 年生)26 本
        ミズナラ(5 年生)20 本
植栽地区:C 地区ネット内
2013年 4月 21日 ≪中止≫
参加者:29名   天候:雪
初参加の方がNOKグループユニオンの皆さん含め10名、総勢29名で森林科学館まで行きましたが
予想以上の積雪で先遣隊の偵察の結果、落石や倒木が多く発生しており危険と判断し、やもなく中止の決定、なくなく撤収しました。
2012年 11月 3日
雲一つない好天に恵まれ、赤や黄に輝く山吹沢県有林で植樹を行いました
当日はTBSテレビNスタの取材が行われました

参加者は大学生・埼玉いきがい大学の皆さんとスタッフで22名
植栽樹種:ミズナラ 84本(正智深谷高校の生徒がドングリから育てた苗です)、イヌブナ5本、ウラジロ2ウリハダカエデ12本、イタヤカエデ2本(苗は全て秩父の森で採取したドングリから育てた苗です)
2012年 6月 17日
作業:下草刈り作業
参加者10名(初参加2名)でL・A・C・H エリアの下草刈りを実施
2012年 5月 27日
植生調査
山吹沢植林地の現況詳細レポート→
2012年 4月 14日
参加者は大学生・埼玉いきがい大学の皆さんとスタッフで22名
植栽樹種:イヌブナ、ミズナラ
2011年 11月 6日
参加者は中学生・高校生・埼玉いきがい大学の皆さんとスタッフで15名
植栽樹種:イタヤカエデ27本、ミズナラ12本、クリ10本、トチノキ3本
2011年 4月17日

   植樹したイヌブナの冬芽
参加者は埼玉いきがい大学の同期の皆さんとスタッフ全員で16名
秩父二中の中学生たちがドングリから育てたイヌブナの苗42本を植樹
ドングリから植えられるようになるまでに6年かかりました
冬芽が赤く大きく膨らみ開葉を待つ           子供達が大切に育てた苗を1本1本丁寧に植えました
2010年 11月3日
113日、晴天に恵まれ、美しく色づいた山々に囲まれて、10月30日天候不順で中止した植林作業を5人で行いました。
苗は、イタヤカエデ32本、ケヤキ1本、クリ1本、イロハモミジ2本、イヌブナ1本、ミズナラ1本の計38本。いずれも苗畑で大きくなったものです。
植栽地は、ヒノキ人工林を柵で囲ったエリアで、今後県民参加のイベントなどで植林を進めていきたいと考えています。

      色づく山吹沢                 苗の掘り出し(秩父市上田野・武州中川苗畑)                         植林終わって
2010年 4月11日
参加者  29
150本のブナを植栽
2009年11月1日(日)
樹高調査・鹿柵補修作業
参加者:20名
2009年8月27日(木)
参加者:8名   植生調査
植生を階層ごとに調べた。1区はクサギ・オオバアサガラ低木林、3区はオオバアサガラ低木林で、陽樹による低木林化が進行していた。
2009年6月27日(土)
下草刈り   参加者: 11名
2009年04月11日~12日(日)
/11 準備作業(10名)
 水植栽穴掘りと竹支柱(200本)の設置
/12 植林作業 参加者  38
 好天に恵まれ、全員怪我もなく、230本のブナを植栽
2008年10月25日(土)
参 加 者 :28名
作業内容:ブナ 47本(日大苗を中津苗畑から移植)
       トチ 21本(秩父二中ポット苗)
2008年4月13日(日)
ミズナラ146本、
イヌブナ37本、富士ブナ24
2007年4月22日(日)
ブナ(日本大学/冷温貯蔵苗) 130
イヌブナ(秩父二中・2年苗)  100
ミズナラ(秩父二中・2年苗)  100
2006年10月28日()
ブナ(東大演習林13年生)  30本
カエデ類実生苗移植    200
2006年5月20日()
ミズナラ             250
イロハモミジ・イタヤケデ類 100本
ヒノキ               50