トップページへ戻る活動紹介ページへ戻る
NPO法人秩父百年の森
私たち「NPO秩父百年の森」では森林を守り育むためのプログラムの一つとして、山の人たちと都市の人たちが共に手を組み、森と森の恵み(カエデの樹液など)を楽しむエコツアーを企画いたしました。秩父の豊かな森にふれていただくことで、森への理解を深めていただくためのエコツアーです
千鹿谷の郷モニタリングツアー「巡礼古道と歴史探訪」
2016/12/10
限界集落千鹿谷郷を応援する企画です、巡礼古道のハイキングコース・林業・農業などなど、どこを、どの様に応援していくかモニタリングするツアーです。
31番から千鹿谷集会場まで4時間の山歩きでしたが全員元気に目的を達することができました、眺望の素晴らしさは格別です。
ecotr141ecotr142ecotr143ecotr144
札所31番 観音院
沢沿いの小道を歩き始める
牛首峠
日尾城址
ecotr145ecotr146ecotr147ecotr159ecotr160
日尾城址から観音山へ
尾根を歩きます
観音山山頂
奥秩父方面の眺望
群馬方面の眺望
ecotr148.jpgecotr149ecotr150ecotr151ecotr152
観音山を出発
尾根道が続く
眼下に合角ダム
尾根道が続く
落葉松峠
ecotr153ecotr154ecotr155ecotr156ecotr158
最後の登攀
千鹿谷の尾根へ出る
尾根からの眺望を満喫
千鹿谷集会場へ到着
柚子絞りを体験しお土産に
ecotr161ecotr162ecotr163
千鹿谷尾根から群馬方面
千鹿谷尾根から奥秩父方面
千鹿谷の郷
春のエコツアー「三峰山表参道を歩く」
2016/05/28
春のエコツアーと銘打ちましたが初夏のエコツアーとなってしまいましたが、新緑の気持ちの良い季節、今話題のパワースポット「三峯神社」の表参道をゆっくりと森林観察(巨木シオジの観察、青く光るアオダモの木の観察)をしながら、速い人で2時間弱の行程を3時間かけユックリ歩いて登りました。
昼食は山麓亭で地元の郷土料理「つとっこ」を提供していただく(つとっこは栃の葉で包んだ携帯食)
登龍橋を渡りイザ出発
歩き始めるとクマ注意の看板
深い緑の参道で巨木の観察
杉の巨木を観察
清浄の滝からの流れを渡る
清浄の滝を背景に記念撮影
アオダモの青色発光を観察
巨木を巻いて登る
シオジの巨木を観察
キハダの樹皮の観察
杉林を歩く
ヒナウチワカエデの観察
遠望の奥ノ宮を参拝
三峰神社へ到着
山麓亭で昼食はヤマメの塩焼き・中津イモ田楽・郷土料理の「つとっこ」・炊き込みご飯・ザル蕎麦
打ち上げはMAPLE BASEで第3のみつソーダ
和メープルエコツアー
2016/02/06
今回のエコツアーはTap&Sap企画により開催されました。募集早々に定員に達し盛況のうちおこなわれカエデの森の散策、カエデ樹液の試飲、焼きマシュマロのメープルフォンデュ、イチローズモルトのカエデ樹液わりを楽しんで頂きました、場所を移してナチュラルファームシティ農園ホテルの和メープルランチを堪能、さらには日本初のシュガーハウスを見学して皆さん大変に満足したとの感想を頂きました。
※ 本年の和メープルエコツアーはTap&Sapが行い、NPO秩父百年の森がサポートしました。
かえでエコツアー
2015/02/14 , 02/28
1st  02/14
2nd   02/28
史跡探訪と落語会の旅
2014/09/28
「秩父往還」歴史ある古道の史跡を訪ね、美しい森に囲まれた中津こまどり荘で秩父の民話に題材をとった新作落語を聴き、山と街の交流をふかめた旅でした。
● 秩父往還(麻生~栃本)を散策
~テレビ東京で秩父のマチュピチュと紹介された栃本部落~
● 史跡 麻生加番所跡・栃本関所跡を訪ねる
木村氏(大滝の文化歴史の研究者)解説して頂きました
● 青空寄席 林家正雀師匠独演会
会場は「こまどり荘」、山々の囲まれ雲一つなく、本物の青空寄席でした
演目
① 鼓ヶ滝
② 木の実
③ 親子茶屋
i西行法師にまつわる噺です、上方の噺ですが滝の多い秩父にピッタリです。
秩父市大滝に伝わる、アカショウビン(カワセミの仲間の野鳥)にまつわる
民話「雨フレフレー」をヒントにした創作落語です。
吉原での遊びの噺です、茶屋で親子が対面して腰を抜かす噺です。
参加者の皆様より
  ・宿泊して、山林や渓流など歩いてみたい
  ・久しぶりに落語が聞けて楽しかった
  ・老人ばかりの部落になってきて会話のない生活があり、心から笑える一日を感謝します
  ・すばらしい企画でした。これからも続けてください
  ・史跡案内がとても良かった。車で過ぎてしまうところを、解説付きでしたので大変良かった
  ・機会があれば、もう一度この場所で行っていただきたい
あなたが主役!チャレンジ講座
入川・赤沢出合 荒川起点(入川・赤沢出合)
秩父の大自然
荒川の源流を遊ぼう
2014/06/01
秩父市生涯学習課・NPO秩父百年の森 共催
夕暮れキャンプ場から荒川起点まで、鮮やかな緑ます渓畔林の道をカエデやカツラなどを観察しながら歩いてきました。
荒川の源流域、入川と赤沢が合流する地点、ここが一級河川としての荒川の始まりです、ここには「一級河川荒川起点」の石碑があり、ここから東京湾まで173kmの流れです。 歌人の前田夕暮のかつての住まいが有る夕暮れキャンプ場から荒川起点までの道のりは山奥には不思議な光景です、深い谷を見下ろす急斜面の一角にレールが伸びています。 かつて木材を満載にしてトロッコが走っていた森林軌道跡です。残雪が覆う渓や流れを泳ぐイワナ、濃い影を落とす樹木を楽しみながの行程です。 おやつにはカエデ樹液100%で淹れた紅茶とカエデのクッキーを味わい。夕暮れキャンプ場に戻ってからは、一人ひとりがお好みにピザを作って焼き、こっちの方が美味い、いや自分の方がもっと美味いと楽しく食べて終了しました。
カエデの森と新作和メープル料理を楽しむ
2013/02/16.17
厳冬期の奥秩父で、凍りついた渓流を こわごわ わくわくしながら渡り、 さらにその奥の森のなかで" 春一番のめぐみ "を観察します。 こんな厳しい世界の中に確かな木の営みが息づいている事を実感します。
そして、最後のお楽しみは 樹液を使った料理を街のレストランでいただきます。 そのやさしい味わいは、心とからだを癒します。
2013/02/16
i
2013/02/17
i
秩父のメープルを楽しむ早春ecoツアー
2012/02/18.25
2012/02/18
2012/02/25
秩父の森をそだてる秋のエコツアー
2011/10/23
秋のツアーは35名の参加者で中津大若沢をドングリ拾いとヤマメの産卵を観察しながら勘兵衛の滝までのハイキング、拾ったドングリは皆でポットへ植える、数年後には育った苗を山へ返すツアーを予定しています。午後は2班に分かれ、大人たちは恒例のシャンドフルールでの和メープルのランチに至福の時を過ごし、子供達はニジマス釣りに大興奮でした。
早春の森と和メープルフレンチを楽しむ
2011/02/13.19.20
本年春のツアーは3回開催。カエデの森は参加者の安全性を考慮して、落合地区民有林のカエデの森を散策していただきました。雪深く残るカエデの森、早春の陽 光が参加者を優しく包みこんでいました。樹液採取現場の見学に樹液原液の試飲、そしてマイクロバスを提供して頂いた山麓亭さんより差し入れの中津芋を賞味。三十槌の氷柱(みそつちのつらら)を見学したのち、好評の古民家レストラン「シャンドフルール」へ移動カエデ樹液を使用したフレンチフルコースを食べて頂きました、どれもこれも素晴らしく美味しく参加者皆さんの顔がとても満足感で幸せそうな顔をしていました。
2011/02/20
2011/02/19
2011/02/13
秋のエコツアー 金蔵沢トレッキング
2010/10/21

晩秋の金蔵沢(西沢)に架かる丸木橋を恐る恐る渡りながらのトレッキング、途中の滝で小休止、目的のカツラの巨木を観察し帰途へ、昼食は渓流釣り場でヤマメ・ニジマスを釣ってのバーベキュー。

早春のカエデの森とカエデ樹液料理を楽しむ
2010/02/21
氷結した中津川を渡りカエデの森へ入ります、カエデの種類や特徴などの話を聞いてから樹液採取の実演見学し川原でカエデ樹液の原液を試飲。昼食は古民家レストラン「シャンドフルール」へ移動し、シェフ苦心のカエデ樹液を利用したフレンチのフルコースを堪能、パンは小麦粉とカエデ樹液100%で水は使用しておらず爽やかな甘さが印象的、カエデ樹液100%のアールグレイ紅茶は絶品です。