フォトライブラリー
森の詩

野にさく妖精

2018/04/04

市街地近郊の野では春の妖精たちの饗宴
春の妖精と呼ばれる野草の代表格のカタクリやシュンランが満開
香りのよい樹の代表クロモジも満開

スプリングエフェメラル Spring Ephemeral の代表 カタクリ
カタクリカタクリカタクリ
春の妖精の名にふさわしいシュンラン
シュンランシュンランシュンラン
あちらこちらで見られる花オオアラセイトウ(大紫羅欄花)、ムダサキハナナ(紫花菜)やハナダイコン(花大根)とも呼ばれる、
また、三国志の諸葛孔明が食用として広めたことからショカツサイ(諸葛菜)の別名。
江戸時代に中国より入る。花を食べると甘くて美味しい。
オオアラセイトウオオアラセイトウ
顔委の良いクロモジ                  ミツバアケビ
クロモジクロモジミツバアケビ
《 写真をクリックすると拡大画像が見られます 》
トップページへ戻る   インデックスへ戻る
Copyright© 2009 NPO ChichibuHyakunenNoMori. All Rights Reserve
©2009 掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権はCCF・秩父百年の森に帰属します