ホームへ戻る活動紹介ページへ戻る
平成25 年度 「公益信託武蔵野銀行みどりの基金」・ 埼玉県「みどりの埼玉づくり県民提案事業」支援事業
滝沢ダムさくら湖周辺の山々は、クマタカなどの生息する豊かな自然が残されています。
ダムの建設では近くの山から大量の岩石が使われましたが、その跡地の緑はいまだ十分に回復していま
せん。ことにシカなどの食害によって植生の回復が遅れているのが現状です。私たちは、獣害防止ネッ
トの設置を手始めに、地道な植林活動を通して、埼玉の緑ゆたかな水源の森づくりを目指しています。
多くの皆様のご理解とご支援をお願いいたします。
下草刈り整備作業
2014.07.06
参加者6名で下草刈りを行いました、不安定な空模様でしたので早めに切り上げましたが1号地2号地の草刈をほぼ終了しました
種の発芽状況
2014.05.10
第1回 水源の森づくり
2013.11.03
参加者 63名(埼大付属小関係の皆さん;24名、NOKグループユニオンの皆さん:16名、日本興亜損保の皆さん・デルの皆さん
と会員:22名)
植栽 トチノキ:3本、ヤマグリ:30本
播種 イロハモミジ:1,730粒、オオモミジ:20,000粒、イタヤカエデ:7,000粒、ミズナラ:500粒、オニグルミ:62粒
秩父滝沢ダム水源の森復元事業 報告書