トップページへ戻る活動紹介ページへ戻る
NPO法人秩父百年の森
森はふしぎでいっぱいの世界。早春の一時、カエデの幹に小さな穴をあけると透明の甘い液体が流れてきます。秩父の森にはそんなカエデの木がたくさんあります。メープルシロップを採りながら森のふしぎと恵みを学ぶ体験学習です
大滝中学 カエデ樹液採取体験
2015/03/05
全校生9名、ふるさと大滝の大きな財産カエデ、カエデから採取した樹液を活用する新しい産業、未来にたなげる林業の体験を見て・触れて・食べての体験学習を行いました
● NHK首都圏ネットワークで紹介されました
荒川中学 カエデ樹液採取体験
2015/02/22
1年生25名が参加して10月29日に学んだカエデの森を直に見て触れて味わいました
未来起業企画in荒川中学校
メープルシロップから秩父の未来を展望する
2014/10/29
なぜ今カエデなのか、林業の現状を知り未来の林業のあり方を考え、カエデ樹液活用による未来起業を考えます
i
国神小学校 森のめぐみ体験授業
2012/02~03
学校近くのイタヤカエデとオオモミジンのカエデの木 2 本をつかっ て、「森の恵み体験」学習授業がおこなわれました。2月から始め集めた樹液を、子どもたちが準備したホ ットケーキに国神のメープルシロップをつけます。甘い樹液は木の命の営みから生まれたもの。この体験学習が、森への理 解をふかめることのきっかけになり、地域に誇れるものが一つ増えることにつながることを願っています。