NPO法人 秩父百年の森 Chichibu Century Forest

  トピックス

 

放射線に関して
活動地域内の土壌及び採取したカエデの樹液における
所定の放射線測定は放射線不検出でした
セシューム134・・・不検出
セシューム137・・・不検
               詳細・・・→

 


首都圏北部4大学連合
  産学官連携事例講演会 〜 地域ブランド創出に向けて 〜

日時:2011年9月5日(月)13:00〜18:30

場所:大宮ソニックシティ4階市民ホール

「NPO秩父百年の森」の発表時間 13:05〜13:50

       森林保全とカエデ樹液の有効活用 」
 

東京大学で行われた林業経済シンポジュームで、私たち「NPO秩父百年の森」は、秩父のかけがえのない森林を守り育て、山・里・街を結んだ活性化を目指す活動の発表を行いまた。「伐らない林業」に参加者各位より大きな関心と高い評価を頂きました。蓄積してきた調査データは今まで無かった大変貴重なデータだと野口俊邦氏(信州大学名誉教授(元 農学部長)より発言がありました。
カエデ樹液を使用した飲み物やお菓子そして和メープルハニーの試飲・試食は大好評で、これが目的で参加したとの声もあったほどです。

林業経済シンポジウム
   「広葉樹ルネサンスで、むら・まちを活かす」
日時:2011年10月1日(土)13:00〜17:50
場所:東京大学弥生講堂  一条ホール
「NPO秩父百年の森」田島副理事長の発表時間 14:15〜14:45

  新たな森林資源−カエデ樹液の活用による山・里・街連携創出の試み
   
    パネリストとして参加した田島副理事(右から3人目)

 http://www.rinkeiken.org/sympo/sympo2011.pdf
 

 

第4回小学館「大学は美味しいフェア!!」が高島屋新宿店で催され、「NPO秩父百年の森」では山の恵の活用として埼玉大学と共同研究を行っている第3のはちみつ「和メープルハニー」を使用したお菓子「フィナンシェ」を販売しました。
「森を育てるお菓子」として古民家レストラン「シャンドフルール」伊藤シェフが腕をふるった特製「フィナンシェ」に凄く美味しいとリピーターのかたも訪れて頂き、好評のうち完売しました。
商品説明には「NPO秩父百年の森」のメンバーがあたり、「このお菓子は森を育てます」との紹介に来場者は???でしたが、「山」から森の恵のカエデ樹液(メープルサップ)を集めミツバチに食べさせ「第3のはちみつ」を作り「里」でお菓子にし「街」で消費する、「山・里・街」循環経済により「伐らない林業」となり林業が豊かになることにより「森を育てる」との説明に感動された多くのお客様が購入して頂きました。


第4回小学館「大学は美味しいフェア!!」
日時:2011年9月22日〜26日
場所:高島屋新宿店 埼玉大学ブース

     
和メープルフィナンシェのチラシ→   「森を育てるお菓子」商品説明を行う江野理事と島崎理事

 

宇都宮大学において埼玉大学と共同研究を行っている、第3のはちみつ『和メープルハニー』の研究成果の発表をおこないました。
3のはちみつ『和メープルハニー』の試食では、今までのハチミツでは味わったことの無いスッキリとした甘さと好評でした。

しもつけバイオクラスター 第6回フォーラム
 「 みつばちとハチミツ 」
日時:2011年9月6日(火)14:00〜17:30
場所:宇都宮大学農学部 (峰キャンパス)3101教室
「NPO秩父百年の森」の発表

      森林保全とカエデ樹液のハチミツ原料等への有効活用
           
発表を行う埼玉大学/角田教授
   第3のはちみつの説明を行う田島副理事

 


首都圏北部4大学連合
  産学官連携事例講演会 〜 地域ブランド創出に向けて 〜

日時:2011年9月5日(月)13:00〜18:30

場所:大宮ソニックシティ4階市民ホール

「NPO秩父百年の森」の発表時間 13:05〜13:50

       森林保全とカエデ樹液の有効活用 」
 

©2009 掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権はCCF・秩父百年の森に帰属します。